は な こ の し っ ぽ。

hanasippo.exblog.jp


そろそろ勉強しなくちゃ・・・。 おぼえがきです。
by hanakonoshippo
プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

心疾患患児の重篤なRSウイルスは心筋症とダウン症に関係

2009-10-27 16:21:35 -0400 (ロイターヘルス)発


ニューヨーク(ロイターヘルス) - 心疾患の患児に、血行動態的に重大な心疾患、心筋症、またはダウン症がある場合、RSウイルス(RSV)のために入院が必要となる可能性が高い、と研究者らは報告している。

整合された症例対照試験から得られた本研究結果は、National University Hospital Rigshospitalet(コペンハーゲン)のDr. K. KristensenらによりArchives of Disease in Childhood誌10月号にて報告されている。

同氏らは、1996年~2003年に受診した3,239名の14歳以下の心疾患患児のうち、RSV検査が陽性の313名を特定し、完全な情報を入手できた306名の患児を本研究の対象とした。小児1症例につき、年齢と医療施設の整合された対照者1名が、心疾患患児集団から抽出された。RSV診断時の日齢(中央値)は280日だった。

多変量解析において、RSVによる入院の予測因子は、ダウン症(オッズ比3.24)、心筋症(オッズ比5.84)、および血行動態的に重大な心疾患(オッズ比1.53)だった。

RSVによる入院の発生率は、2歳未満の心疾患患児で最も高かった(5,65児/100児/年)。

入院中に、84名(27.5%)の患児に酸素補給が必要となり、79名(25.8%)はCPAPによる治療を受け、12名(3.9%)は人工呼吸を使用した。死亡した患児はいなかった。呼吸サポートの必要性は、幼齢(1歳増すごとのリスク比は0.47)および心不全(リスク比1.81)で予測された。

「予防薬を投与すべき患児を判断する際は、本研究結果を考慮に入れるべきである」と同研究者らは結論付けている。
Arch Dis Child 2009;94:785-789.



血行動態的に重大な心疾患のオッズ比が1.53なのがちょっと気になるところ。

RS予防薬って割と高価だから、費用対効果にするとどうなのかな。

ま、保険が効くし、乳幼児医療でお金かかんないから、打つ方向でいいんでしょうね。

[PR]